施工事例

夫婦ふたりで暮らす家|宮城県 A様邸

輸入住宅|メープルホームズ|のんびりと田舎暮らしが楽しめる夫婦ふたりでちょうどいい居心地のいい住まい。
東北地方最大の都市仙台は、美しく豊穣な自然と爽快な都市機能が融合した学術・文化、スポーツ、福祉そしてビジネスの中心地として発展を続けています。
その仙台市の郊外、どの区画も広々として別荘地を思わせる緑豊かな住宅地に建つA様邸。広い敷地を贅沢に使って建てられ、4方向から光がいっぱいに差し込む平屋建ての住まいです。
期間限定でモデルハウスとして、これから家を建てられるご予定の方に実際に触れてご覧いただけるよう使わせていただいています。これもひとえにお客様に信頼していただいているおかげです。
2階建てよりも軒高が低い平屋ですが、小屋裏が設けられた大屋根のシンプルながらどっしりとした佇まいは輸入住宅ならでは存在感です。
ご夫婦ふたりの生活にちょうどよいスペースと生活動線をベースに、セキュリティ対策や将来のためのバリアフリー、訪れたお客様のためのスペースなど、人生第2のステージにふさわしいクオリティが実現されています。
家庭菜園が楽しめる居心地のよい住まいを実現されたA様ご夫妻の“夫婦ふたりで暮らす家”をご紹介いたします。
施工DATA
宮城県 A様邸
■ご家族構成/ご夫婦
■敷地面積/397.57㎡(約120.48坪)
■延床面積/1階:91.09㎡ 小屋裏収納:45.37㎡
■竣工年月/2008年8月
■工法・構造/木造枠組壁工法(2×4工法)
■シリーズ名/夫婦ふたりで暮らす家
■施工会社/株式会社メープルホームズ仙台
[もっと詳しい資料請求はこちらから]
外観
広い敷地にゆったりと建てられた大屋根の平屋建ては輸入住宅ならではの佇まいです。温かみのある落ち着いた色合いの外壁。ダークブラウンの屋根と同じ色にペイントされたテラスの柱とブレースは、ティンバーフレーム風のデザインを取り入れています。
窓は、断熱性・遮音性にすぐれたLOW-E IIアルゴンガス入り標準のインテグリティが採用されています。
玄関ドアは、シンプソン社のチューダーというデザインで、素材はダグラスファー材です。
リビングルーム
南向きのリビングは、一部を吹き抜けにした開放的な空間。勾配天井に設けられた大きな天窓から、明るい太陽の光をいっぱいに採り入れます。天窓はベルックス社製、網入り透明ガラスの採用で防犯対策にも十分配慮されています。
部屋の一角には暖炉が置かれ、寒さが厳しい仙台の冬もやさしい温かさに包まれてご夫婦ふたりでくつろぎの時間を過ごされます。
ダイニング・キッチン
上品なブルーのタイルの床が心地よいダイニング・キッチン。お二人にとってちょうど良い広さと生活動線を考慮してデザインされています。ダイニングとキッチンを分けるのは、対面型カウンターのI型キッチン。収納は、壁のほかカウンターの下にも造作され、カウンターの上にはキャビネットなどを設けず開放的で一体感のあるデザインとなっています。
ラバトリー
洗面スペースは、木の温もりが伝わる収納とカウンターのモザイクタイルの組み合わせが素敵です。また、トイレは、広々とした木製カウンターが配置された、ゆったりとしたスペース。これらラバトリー、そしてバスルームなどの水回りは、キッチンに近い場所にまとめられ、いつでもお互いに声が届く安心・安全性を実現すると同時に、水回り施工のコスト低減にも寄与しています。
ベッドルーム
壁一面に貼られたスモーキーグリーンの上品なクロスはウイリアム・モリス。
落ち着いた雰囲気の中に遊び心を秘めて、やすらぎの空間を演出しています。
[もっと詳しい資料請求はこちらから]
ページトップ