北欧の家|シンプル&ニュートラルなデザイン

北欧の家|シンプル&ニュートラルなデザイン

北欧とは、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、アイスランドの5カ国からなる地域のこと。北欧と聞くと、オーロラや豊かな自然、かわいいインテリアや家具が思い浮かぶ人もいれば、税金が高く福祉が充実している点に興味がある人もいるでしょう。

近年、北欧家具や北欧雑貨ブランドの日本進出が相次ぎ、これまで以上に北欧は身近な存在になりました。その温かみのあるデザインにあこがれて北欧系の輸入住宅購入を検討する方も多くいます。今回は、そんな北欧の風土や気候、ライフスタイル、そして住宅の特徴などをご紹介していきます。

長い冬の厳しさが、北欧の室内環境を魅力的にする

北欧は、自然の厳しさとうまく共生し、自然を大切にする文化を持った地域。日本も比較的自然との共生を重んじてきた文化圏の一つですが、近年の都市化などにより、山や川に行ったことがない、満天の星空を眺めたことがないという子供も多くなっています。一方北欧では、今でも自然との共生を大切にした生活方式や住宅造りが主流となっています。

また、北欧は北海道よりも緯度が高く、冬場だと最高気温でさえ氷点下を記録することも珍しくない地域。太陽がほとんど昇らない時期などもあることから、必然的に家で過ごす時間が多くなるため、日本以上に室内の家具や快適性を重視する傾向にあります。戸外で存分に楽しめるのは、短い夏の間だけ。自分たちの住居が魅力的な空間であることは非常に重要なことなのです。

北欧の自然

北欧の有名デザインブランドとデザイナー

北欧は、イッタラやマリメッコなどの有名デザインブランドや、著名なデザイナーが多いことでも知られています。

例えば20世紀を代表する建築家・デザイナーとして知られるアルヴァ・アアルトは北欧・フィンランドの出身。パイミオのサナトリウムやマイレア邸、ヴィープリの図書館といった有名建築物を建てたことで知られています。日本ではどちらかと言うと、アアルトの花瓶などに代表される、イッタラのガラス器のデザイナーとしての側面がよく知られているのではないでしょうか。

多彩な才能を発揮した北欧のデザイナーは他にもいます。なかでも有名なのが、デンマーク出身のアルネ・ヤコブセン。モダン様式の建築家、そしてデザイナーとして知られており、彼の作品である家具・セブンチェアは、日本でも高い人気を誇る家具として知られています。

他にも人気照明家具を手がけたことで知られるポール・ヘニングセンや、家具デザイナーのハンス・J・ウェグナーらも北欧出身者。北欧は、世界で認められる素晴らしい有名デザインブランドやデザイナーを多数輩出してきた地域でもあります。

北欧のインテリアスタイルリンクボタン

北欧の住宅の特徴について

それでは、北欧の住宅の特徴について見ていきましょう。

人々が長時間室内で暮らすことを想定した北欧の家は、機能性だけでなく快適性も重視したスタイルとなっています。例えば、奥行き感が出るように、家具に脚をつけている点や、光源が目に入らない優しい作りになっている照明などは、人々が限られた空間で快適に暮らす上で取り入れられた知恵の一つ。

また、ものを大切にする北欧の家には、ヴィンテージ家具も多く取り入れられています。デザインとしても優れたヴィンテージ家具は、北欧の人々に長く愛されています。

北欧スタイルの事例写真

北欧の住宅が持つ温かみは、暗く厳しい冬の存在があったからこそ生まれたものです。北欧の輸入住宅を検討する際にも、こうした背景をぜひ意識してみてください。

北欧スタイル施工事例リンクボタン
メープルホームズの施工事例 メープルホームズの商品案内 資料請求
ページトップ