輸入住宅のお役立ち情報

輸入住宅って体に良いの?

輸入住宅って体に良いの?

輸入住宅の安全性に不安を持っておられる方もいると思います。欧米では昔ながらの自然素材を使った家づくりが多く、建材の化学物質についても、厳しい検査基準を設けています。今回は輸入住宅の安全性などについて詳しくご紹介します。

従来の家は?

シックハウス症候群(欧米ではシックビルディング症候群)という言葉は、1990年代から一般にクローズアップされるようになりました。住宅の気密化・高断熱化が進み、化学物質を含む建材を使用した家住む人に、化学物質過敏症、アレルギー・アトピーなどの症状が現れるおそれがあることがわかってきたのです。

シックハウス症候群の原因の1つは、断熱材やプリント合板など「新建材」と言われる建築材料に含まれる化学物質。特に、高度経済成長期に新建材を用いて作られたタイプの住宅及びビルディングは、シックハウス傾向が強いと言われています。 

一方、輸入住宅は、無垢材を使ったり漆喰や珪藻土で壁を作るなど、「昔ながら」の素材と手法で作られているものが主流。シックハウスの原因である新建材の使用がもともと少ないので、汚染物質の出ない、安全性の高い住宅です。以下、詳しく説明を致します。

身体に良い無垢材の特徴について

<メリット>

樹木本来の特質を、そのまま活かしているので、香りや質感が楽しめます。
又、木材に湿気を調整する機能があるので、室内を快適な湿度に保ちます。
年月とともに経年変化の味わいを楽しむことができるのも、無垢材の良いところです。

<デメリット>

年月と共に、乾燥で反りや割れが出ることもあります。
希少価値から、価格が新建材よりも高価になる傾向があります。
又、比較的工期が長く、仕上げに手間がかかることがあります。

輸入住宅の木材、耐久性について

長く住み継ぐ欧米の家は、経年変化も楽しめる住まいです。
国内の木材に較べ、欧米の木材は生産性が高い為、価格が安いので割得です。
又、輸入住宅と言っても北米住宅などは、亜熱帯から寒帯エリア迄、厳しい自然環境に耐える堅牢な住宅だから、長持ちします。

漆喰、珪藻土の特徴について

<メリット>

漆喰は消石灰、珪藻土は珪藻類(植物性プランクトンの化石化したもの)が主成分。自然素材であり、人体に無害で安心して使えます。漆喰は、ち密で硬度があり、耐水性が高く丈夫です。珪藻土は多孔質なので吸放湿作用があり、保温性・遮音性に優れています。漆喰・珪藻土ともに耐熱性が高く、難燃です。

<デメリット>

塗り壁なので、クラック(ひび割れ)が入ることがあります。
現場施工なので、壁紙よりは施工に時間がかかります。


輸入住宅の場合でも漆喰、珪藻土は、一般的な素材です。塗面のムラや経年変化も、住宅の味わいになるデザインです。漆喰や珪藻土は、メンテナンスが可能。D.I.Yでも補修出来ます。

その他の一般建材について

欧米は「化学物質」の検査基準が厳しいので、安心です。アメリカは「TSCA有害化学物質規制法」(1976)、カナダは「環境保護法」(1999改正)などで、人体に有害な影響を及ぼす化学物質の審査や規制を行っています。 また欧州(EU)には、最新の化学品規制「REACH規制」(2008)があり、厳しい検査基準を持って、化学物質を審査・規制しています。

欧米の輸入住宅は、こうした規制に即して製品づくりを行っているので、人にやさしい、安心・安全な住宅です。

メープルホームズの施工事例 メープルホームズの商品案内 資料請求
ページトップ