赤毛のアンの家 Anne of Green Gables House プリンス・エドワード島で育まれた夢の家。“赤毛のアンの家”を日本の皆さまにご紹介します。カナダ「赤毛のアンライセンス協会」認定の本物の“アンの家”
メープルホームズの“赤毛のアンの家”のモデルは、プリンス・エドワード島の“グリーン・ゲイブルズ・ハウス”です。“メープルホームズの赤毛のアンの家”は、モンゴメリの遠戚の設計者ラリー・ジョーンズ氏が一軒一軒デザインをチェック。ジョーンズ氏の母親は、実際に“グリーン・ゲイブルズ・ハウス”に住んでいました。
ジョーンズ氏の審査を通った家だけが、赤毛のアンライセンス協会から本物の“アンの家”として、正式に認定証が発行されます。
メープルホームズの“赤毛のアンの家”は、すべてフリープランです。ご希望により、ジョーンズ氏に設計を依頼することも可能です。
メープルホームズインターナショナルは、2005年10月11日(火)にカナダ トロントにて「赤毛のアン」ライセンス協会(AGGLA)と「赤毛のアンの家」ライセンス契約を締結し、日本全国における「赤毛のアンの家」を販売する権利を取得しました。
設計士:ラリージョーンズ

認定書

左:AGGLA Kate Macdonald Butler
右:メープルホームズ(株)サンタ通商代表取締役 初田 徹夫
Lucy Maud Montgomery
ルーシー・モード・モンゴメリ(1874-1942)
カナダ・プリンスエドワード島北岸クリフトン生まれ。教師の仕事のかたわら創作活動を続け、1908年、著書『Anne of Green Gables』を出版。ベストセラー作家となり、その後「アンの青春」「アンの愛情」など「赤毛のアン」シリーズを次々と出版。現在に至るまで世界中の人々に愛読されている。
ページトップ