マンハッタンスタイル Manhattan Style

超高層ビル群のイメージとは趣を異にした
ニューヨーク・マンハッタンのもう一つの“素顔”

マンハッタン ソーホー屋内
マンハッタン ビリヤード台
高層ビルなどビジネスの印象が強いマンハッタンは、実はたくさんの人々が暮らす生活のエリアでもあります。マンハッタンの面積は東京の都心4区(港区、千代田区、中央区、新宿区)とほぼ同じ。昼間の人口はどちらも約330万人ほどですが、夜間人口は都心4区の50万人に対して、マンハッタンは150万人が暮らしています。
そんなニューヨーカー達の住まいとして、19世紀にキャスト・アイアン(鋳鉄)建築のビルや赤茶色の煉瓦造りの邸宅など歴史的な建築物も魅力的な選択肢の一つ、外観デザインからインテリアまでニューヨークならではの趣のある景観を形づくっています。
マンハッタン リビングダイニング
マンハッタン キャストアイアン建築
マンハッタン キャストアイアン建築
現在も現役として残るキャスト・アイアン建築は、その名の通り鉄を鋳型に流し込んで作った鋳鉄(キャスト・アイアン)製の建築バーツを現場で組み立てる工法です。それまでの石造りに比べて早く低コストで建てることができたため、19世紀半に現在のソーホー地区を中心として盛んに建てられました。
やがて高層建築の時代になると、高層化ができないキャスト・アイアン建築は次第に衰退していきました。しかし、湿地帯で地盤が弱かったために高層に適さなかったソーホー地区などでは、倉庫などとしてキャスト・アイアン・ビルが残され、今日ではインテリアなどをリノベーションして住居をはじめスタジオ、アトリエ、ビジネスなどとして使われています。
マンハッタン 住宅エントランス
MANHATTAN STYLE
マンハッタンレンガの外観
マンハッタンレンガの外観、大きな窓
マンハッタンの街並みに、歴史のあるものだけが醸し出す落ち着きと厚みを加えているのが、煉瓦造りの建物です。19世紀後半から20世紀前半にかけては、マンハッタンやブルックリンで富裕層向けの邸宅として「ブラウン・ストーン・ビル」と呼ばれる赤茶色の煉瓦造りの家が数多く建てられました。今日ではその内部を分轄して、一般市民向けの賃貸や分譲の物件として提供されています。
ニューヨークの人々の心には、暮らしの一部として、古き良き時代のニューヨークへのオマージュが深く根ざしています。
マンハッタンレンガの建物
施工事例ボタン画像 資料請求ボタン画像

PAGE
TOP