輸入住宅のお役立ち情報

輸入住宅の特徴

輸入住宅の特徴

輸入住宅に憧れはあるけれど、詳しくはわからないという方は多いのではないでしょうか。今回は輸入住宅の特徴についてご紹介します。

輸入住宅とは?

輸入住宅の定義については、明確に法律で定められているわけではありません。一般的に、海外の設計思想に基づいていること、そして輸入部材を60%以上使い、海外の工法で建てられた家が輸入住宅と呼ばれています。

輸入住宅において重要なのは、その設計思想です。地域が違えば、住宅の設計思想は異なります。どの地域の設計思想を元にするかによって、さまざまなスタイルがあります。代表的なものは、ヨーロッパスタイルや北米スタイルです。それぞれ地域に根ざした設計思想で建築されているため、外観はもちろん、工法も異なります。

日本の住宅と比較すると、様々なカラーを使用し、コーディネートをしていること、間取りがゆったりしていること、自然素材の良さを生かしていること、装飾部材を多用していることが多いようです。

知りたい!輸入住宅の魅力とは?

ここでは輸入住宅全般の魅力についてご紹介します。

日本にはないデザイン性

輸入住宅の大きな魅力の一つとして、日本家屋にはないそのデザイン性が挙げられます。レンガや木材など、素材の良さを大切にしたり、装飾部材を多用した外観や内装が特徴的です。

重厚な雰囲気であったり、ビビットな色づかいであったり、各地域の気候や風土に合わせたデザインが世代を超えて多くの日本人から指示されています。

基本性能の高さ

輸入住宅には、各地域の厳しい環境で快適に暮らしていくための人々の知恵がつまっています。例えば、長く厳しい冬を過ごす北欧の住宅は、高性能な断熱材が使用されていたり、複層断熱ガラスが標準となっており、夏は涼しく冬は温かい構造になっています。

また、海外では何世代にも渡って住み継がれていくことから、耐久性に優れていることも輸入住宅の特徴と言えます。他にも、防犯性や防火性、耐震性に優れていると言われており、欧米化する日本の生活に合ったスタイルが人気の一つとなっています。

ただし、日本の多湿な環境には合わない輸入住宅もあります。購入する時は、デザインなどの外観だけでなく、こうした点も構造体に通気層をとるなど、日本の気候に対応しているか検討するとよいでしょう。

ゆったりとした間取り

日本より比較的広いと言われる欧米の住まいは、前述した通り、間取りが全体的にゆったりしている特徴があります。これは、そこに暮らす人のサイズを一つの基準として住まいが作られているからです。日本人の体形も欧米化している最近は、住宅のサイズも欧米化が適しているかもしれません。

ただ、近年では畳の良さを取り入れたいという方が増えているため、間取りは欧米式にも関わらず、和室を設けている住宅もあります。和室が欲しい方は、住宅メーカーや建築業者に相談してみるとよいでしょう。

メープルホームズの施工事例 メープルホームズの商品案内 資料請求
ページトップ