メープルホームズの輸入住宅|赤毛のアンの家のご紹介

Houzzに登録中の渋谷区, 東京都, JPのmaplehomes_intl

赤毛のアンの家 ANNE OF GREENGABLES

1908年、カナダ東部プリンスエドワード島を舞台に描かれたL. M. Montgomeryの小説「赤毛のアン」が出版されました。
主人公「アン シャーリー」は、孤児として転々と住まいを変え、最後にたどりついた家がプリンスエドワード島に佇む「グリーンゲーブルズ ハウス(緑の切妻の家)」でした。小説「赤毛のアン(Anne of Green Gables)」は、この家を舞台として、明るくたくましく成長していく主人公アンの物語です。
20年前、メープルホームズはアンのようにいきいきと楽しく暮らしていただきたいという想いをこめて、「グリーンゲーブル ハウス」をモチーフとして「赤毛のアンの家」をシリーズ化いたしました。
小説のファンの方はもちろん、カントリーライフを楽しみたい方、トラディッショナルで飽きのこないこの外観がお好きな方など、どなたにとっても暮らしをお楽しみいただける住まいです。

1908年、カナダ東部プリンスエドワード島を舞台に描かれたL. M. Montgomeryの小説「赤毛のアン」が
出版されました。 主人公「アン シャーリー」は、孤児として転々と住まいを変え、
最後にたどりついた家がプリンスエドワード島に佇む「グリーンゲーブルズ ハウス(緑の切妻の家)」でした。
小説「赤毛のアン(Anne of Green Gables)」は、こ
の家を舞台として、明るくたくましく成長していく主人公アンの物語です。
20年前、メープルホームズはアンのようにいきいきと楽しく暮らしていただきたいという想いをこめて、
「グリーンゲーブル ハウス」をモチーフとして「赤毛のアンの家」をシリーズ化いたしました。
小説のファンの方はもちろん、カントリーライフを楽しみたい方、トラディッショナルで飽きのこない
この外観がお好きな方など、どなたにとっても暮らしをお楽しみいただける住まいです。

それは憧れのアンの世界
グリーンゲーブルズとPEI

プリンスエドワード島グリーンゲイブルズ
  • 小説「赤毛のアン」の舞台となったプリンスエドワード島(PEI)は、カナダ東部の海に浮かぶ小さな島です。面積は、四国の香川県と同じくらいで人口は15万人ほどですが、カナダの一つの州となっています。著者のモンゴメリは、この島で育ちました。よく見るこの写真の家は、彼女の従姉妹が、実際に暮らしていた家で、小説に登場するグリーンゲーブルズのモチーフとなったと考えられています。現在では、この家は「グリーンゲーブルズ博物館」として、一般公開されています。
    • ルーシー・モード・モンゴメリの写真
    • Lucy Maud Montgomery
      ルーシー・モード・モンゴメリ
      (1874-1942)
      カナダ・プリンスエドワード島北岸クリフトン生まれ。教師の仕事のかたわら創作活動を続け、1908年、著書『Anne of Green Gables』を出版。ベストセラー作家となり、その後「アンの青春」「アンの愛情」など「赤毛のアン」シリーズを次々と出版。現在に至るまで世界中の人々に愛読されている。

Green Gables House & Prince Edward Island

    グリーンゲイブルズハウス「アンのお部屋」 グリーンゲイブルズハウス グリーンゲイブルズハウス

カナダ生まれの「木の住まい」
夢やこだわりを隅々にまで生かした家づくり

福島モデルハウス「赤毛のアンの家」外観
  • 「赤毛のアンの家」は、厳しい森林管理をされているカナダの天然木材を中心に作られます。 この天然木材を、木地の色を出してナチュラルカントリースタイルに仕上げる場合、ペイント仕上げで、ホワイトカントリーに仕上げる場合、濃いステイン仕上げでトラディッショナル仕上げにする場合等々、住む人にとって心地よい仕上げを選ぶことができます。 天然木を中心としていますので、どのような仕上げにしても年月とともに味わい深く変化していくのが特徴です。
  • 赤毛のアンの家静岡県リビングダイニング

EXTERIOR

    赤毛のアンの家[長野県U様邸] 赤毛のアンの家[宮城県K様邸] 赤毛のアンの家[宮城県K様邸] 赤毛のアンの家[千葉県T様邸]

INTERIOR

    赤毛のアンの家[長野県U様邸] 赤毛のアンの家[長野県M様邸] 赤毛のアンの家[宮城県K様邸] 赤毛のアンの家[長野県M様邸]

本物の「赤毛のアンの家」が建てられるのは
公式ライセンスを持つメープルホームズだけ

「赤毛のアン」にかかわる財産ブランドは、カナダ政府とプリンスエドワード島州シャーロットタウン市および、
LMモンゴメリの子孫によって構成される赤毛のアンライセンス協会により所有・管理されています。
メープルホームズの「赤毛のアンの家」は、赤毛のアンライセンス協会から公式ライセンスを取得しています。
赤毛のアンの家」は完全な注文住宅ですが、モンゴメリに縁のある認定設計士「ラリージョーンズ氏」によって、
一棟一棟デザインチェックを受け、協会から「赤毛のアンの家」としての認定書が発行されます。

  • 設計士 ラリージョーンズ氏

    モンゴメリの遠縁の設計士 ラリージョーンズ氏

  • 赤毛のアンライセンス調印式

    2005年10月、カナダ トロントにて「赤毛のアン」ライセンス協会(AGGLA)とライセンス契約を締結し、日本全国における「赤毛のアンの家」を販売する権利を取得しました。

  • 赤毛のアンライセンス協会認定証

    「赤毛のアン」ライセンス協会(AGGLA)による認定証

  • 資料請求ボタン
  • 事例一覧ボタン

他のデザインシリーズを見る