メープルホームズの輸入住宅|ニューヨークスタイルのご紹介

Houzzに登録中の渋谷区, 東京都, JPのmaplehomes_intl

ニューヨークスタイル New York Style

ニューヨークといえば摩天楼のイメージでしょうか。しかし、実際にニューヨークを訪れるとコンクリートとガラスの無機質な街というよりは、
外観からインテリアまで石や木材など自然素材の落ち着いた温もりのほうが印象に残ります。
17世紀、オランダ人によって交易場として拓かれたこの街には、ずっと以前から人々とともに歴史を刻んできた多くの建物が、今も人々の暮らしに溶け込んでいます。ファッションやアートなどつねに時代の最先端を発信し続けるこの街のパワーは、 歴史の厚みに支えられた文化と人々のエネルギーの融合から生まれるニューヨーカーの粋こそが源。
メープルホームズは、モダンとレトロの調和のなかにライフスタイルを楽しむ「ニューヨークスタイル」の住まいをご提案しています。

ニューヨークといえば摩天楼のイメージでしょうか。
しかし、実際にニューヨークを訪れるとコンクリートとガラスの無機質な街というよりは、
外観からインテリアまで石や木材など自然素材の落ち着いた温もりのほうが印象に残ります。
17世紀、オランダ人によって交易場として拓かれたこの街には、ずっと以前から
人々とともに歴史を刻んできた多くの建物が、今も人々の暮らしに溶け込んでいます。
ファッションやアートなどつねに時代の最先端を発信し続けるこの街のパワーは、
歴史の厚みに支えられた文化と人々のエネルギーの融合から生まれるニューヨーカーの粋こそが源。
メープルホームズは、モダンとレトロの調和のなかにライフスタイルを楽しむ
「ニューヨークスタイル」の住まいをご提案しています。

OLDとNEWの融合から生まれる大人の遊び心
本物のニューヨークの住宅デザインを取り入れた住まい。

ニューヨークスタイル マンハッタンのインテリア写真

マンハッタン スタイル

マンハッタン スタイル

ニューヨーク・マンハッタンのもう一つの“素顔”

マンハッタンスタイル・煉瓦の街並み

この街のパワフルなエネルギーに秘められた
古き良きニューヨークのオマージュ。

ダウンタウンの中西部に位置するソーホーのインテリアは、大きな窓と天井を支える柱、外階段がついたキャスト・アイアン建築の美しい建物が多く残されています。鋳鉄が建物の骨格や装飾を構成する工法で、19世紀半ばにイギリスから伝えられました。このエリアは地盤が弱かったために高層化の波に乗れず、キャスト・アイアン・ビルだけが取り残され、現在もオフィスや店舗、住宅用として使用されています。

  • マンハッタン キャストアイアンビル
  • ニューヨーカーの住まい
    高層ビルなどビジネスの印象が強いマンハッタンは、実はたくさんの人々が暮らす生活のエリアでもあります。マンハッタンの面積は東京の都心4区(港区、千代田区、中央区、新宿区)とほぼ同じ。昼間の人口はどちらも約330万人ほどですが、夜間人口は都心4区の50万人に対して、マンハッタンは150万人が暮らしています。
    そんなニューヨーカー達の住まいとして、19世紀にキャスト・アイアン(鋳鉄)建築のビルや赤茶色の煉瓦造りの邸宅など歴史的な建築物も魅力的な選択肢の一つ、外観デザインからインテリアまでニューヨークならではの趣のある景観を形づくっています。
  • マンハッタン ソーホー アート
  • 文化の発信地ソーホー地区
    現在も現役として残るキャスト・アイアン建築は、その名の通り鉄を鋳型に流し込んで作った鋳鉄(キャスト・アイアン)製の建築バーツを現場で組み立てる工法です。それまでの石造りに比べて早く低コストで建てることができたため、19世紀半に現在のソーホー地区を中心として盛んに建てられました。
    やがて高層建築の時代になると、高層化ができないキャスト・アイアン建築は次第に衰退していきました。しかし、ソーホー地区などは湿地帯で地盤が弱かったために高層に適さなかったため、倉庫などとしてキャスト・アイアン・ビルが残され、今日ではインテリアなどをリノベーションして住居をはじめスタジオ、アトリエ、ビジネスなどとして使われています。
  • マンハッタン ブラウンストーンビル
  • ブラウン・ストーン・ビル
    マンハッタンの街並みに、歴史のあるものだけが醸し出す落ち着きと厚みを加えているのが、煉瓦造りの建物です。19世紀後半から20世紀前半にかけては、マンハッタンやブルックリンで富裕層向けの邸宅として「ブラウン・ストーン・ビル」と呼ばれる赤茶色の煉瓦造りの家が数多く建てられました。今日ではその内部を分轄して、一般市民向けの賃貸や分譲の物件として提供されています。
    ニューヨークの人々の心には、暮らしの一部として、古き良き時代のニューヨークへのオマージュが深く根ざしています。

EXTERIOR

    ニューヨークスタイルマンハッタン・新潟県M様邸[エクステリア] ニューヨークスタイルマンハッタン・新潟県M様邸[エントランス] ニューヨークスタイルマンハッタン・愛知県MH名古屋東モデルハウス[エクステリア] ニューヨークスタイルマンハッタン・東京都K様邸[エントランス]

INTERIOR

    ニューヨークスタイルマンハッタン・新潟県M様邸[リビング] ニューヨークスタイルマンハッタン・新潟県M様邸[リビング] ニューヨークスタイルマンハッタン・兵庫県M様邸[インテリア] ニューヨークスタイルマンハッタン・東京都K様邸[キッチン]

ブルックリン スタイル

ブルックリン スタイル

ゆったりと時が流れる気取らない街並みが魅力

ブルックリンスタイル・サイディングの街並み

レトロとモダンの融合から生まれる住宅デザイン
居心地のよさへのこだわりこそがブルックリン流。

高層ビルが立ち並ぶマンハッタンから、電車でわずか10分。イーストリバーを挟んでマンハッタンの東側に広がる落ち着いた街並みのブルックリンには、気負いのないゆったりとした時間が流れています。1800年代に建てられた古い建物も、インテリアのリノベーションにより時代に合った魅力的な住まいとしてつねに現役。また、マンハッタンから移り住んできた新進のギャラリストやアーティストたちによる多彩で個性的なアート文化は、世界から高い注目を集めています。

  • ブルックリン ブルックリン橋が見える公園でジョギングする女性
  • シンプル&クール
    長らくマンハッタンのベッドタウンの役割を担ってきたブルックリン、穏やかでゆったりとした時間が流れるニューヨーカー憧れの住宅街です。
    そんなブルックリンが世界的にも注目を集めるようになったのは20年くらい前から。若手のアーティストやギャラリストがマンハッタンからこの地に移り住み、アートや音楽、ファッション、食など創造的でオリジナリティの高い活動を通して新しい文化を発信。クリエイティブなライフスタイルは、マンハッタンはもちろん世界に影響を与えています。そんなブルックリンの住まいは、シンプルでクール。19世紀から残る建物を上手に活かして外観デザインからインテリアまでお洒落で居心地のよい空間を作り上げています。
  • ブルックリンの住宅インテリア
  • 家全体がこだわりの作品
    住む人の感性に合った居心地の良さへのこだわりこそがブルックリン流。例えば何百枚ものアンティーク扉の中から探し出したお気に入りの玄関ドア、遠くカリフォルニアで見つけたモロッコのタイル、フリーマーケットで購入した地元の作家の家具など、どの空間も機能的でありながらこだわりやセンスが隅々にまで反映されています。
    何よりも、自らの感性を大切にするからこそ、インテリアには迷いが感じられず、そのシンプルさが魅力の一つ。静と動を使い分け、時に融合し、部屋の機能ごとにインテリアに変化を持たせながらも、家全体が一つの作品となっています。
  • ブルックリンの街並み
  • 伝統的なラップサイディングの住まい
    ブルックリンには北米の伝統的なヴィクトリアンスタイルの建物の外壁として使われているラップサイディングの建物が人気を集めています。築百数十年の建物も数多く残され、これらは単に保存するだけでなくリノベーションにより快適でお洒落な住宅として活用。外観はもちろんインテリアまで、レトロとモダンの融合による新たな価値の創造こそがニューヨーカーの流儀なのです。
    また、セントラルパークと並び称されるブルックリン最大のプロスペクト公園。その西側に広がるパーク・スロープ地区は、ブラウンストーンと呼ばれる茶色いレンガの住宅が立ち並ぶ美しい景観の街として知られています。

EXTERIOR

    ニューヨークスタイルブルックリン・新潟県H様邸[エクステリア] ニューヨークスタイルブルックリン・新潟県H様邸[エントランス] ニューヨークスタイルブルックリン・静岡県[エクステリア] ニューヨークスタイルブルックリン・福島県[リノベーション]

INTERIOR

    ニューヨークスタイルブルックリン・新潟県H様邸[リビング] ニューヨークスタイルブルックリン・新潟県H様邸[キッチン] ニューヨークスタイルブルックリン・新潟県H様邸[エントランスホール] ニューヨークスタイルブルックリン・東京都K様邸]

DESIGN
基本デザイン

他のデザインシリーズを見る