輸入住宅のお役立ち情報

輸入住宅ってリフォームできるの?

輸入住宅ってリフォームできるの?

輸入住宅は、そのさまざまなデザインから多くの方に選ばれています。そんな輸入住宅も使われている建材や設備は月日が経つにつれて劣化していきます。快適で住み心地の良い家を保つためには、メンテナンスを行う必要があります。

ただ近年では、建築を依頼した会社が倒産してしまい、どこの業者にメンテナンスを頼めばいいのかわからないと困っている方もいるようです。またリフォームに関しても、どこに依頼すれば、要望通りの家ができるのか悩んでいる方もいるはず。

今回は、輸入住宅のメンテナンスやリフォームについて、ご紹介します。

日本の住宅と輸入住宅の違い

一般的に日本の住宅と輸入住宅との違いは、大きく分けて、使用する建材とその設計思想にあります。輸入住宅は、ライフスタイルにあった間取りとなっており、モジュールも日本とは異なります。しかし、最近の輸入住宅は、モジュールも間取りも、日本式にアレンジしてきています。

使用建材については、日本で流通している資材とは規格が異なるものもあり、場合によっては1件分の建築資材を丸ごと輸入したり、資材ごとに各国から調達したりするケースもあります。家の内外に輸入住宅ならではのディテールが採用され、取っ手や壁紙、窓など、本場の製品が使われることが多く、様々なデザイン性を楽しむことができます。

輸入住宅はメンテナンス、リフォームができるのか?

輸入住宅はリフォームを行うことはできますが、使用建材のメーカーがわからないケースが考えられます。

その場合は、輸入建材商社に問い合わせをすると、輸入先のメーカーがわかる場合があります。その他に関しては、輸入住宅は、りフォームに適しています。

輸入住宅のリフォームを行うにあたって

輸入住宅のリフォームやメンテナンスを行う際は、輸入住宅専門の業者を利用しましょう。輸入住宅専門の業者は、構造体、建材に関して、慣れていますので的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

メープルホームズの施工事例 メープルホームズの商品案内 資料請求
ページトップ